REVIEWチューンナップワックスドミネーター

DOMINATOR |世界最速を目指す、科学博士の環境に優しいワックス

ドミネーターワックス解説とワクシングのアイディア

日本特有の雪質を攻略!ワックスの力を取り入れよう

スノーボードにスピードを与える「ワクシング」は、チューンナップの中で最も大切な項目のひとつです。

ゲレンデのごく緩いスロープで失速しストレスを感じている時、ス―っと気持ち良さそうに追い越していくスノーボーダーを不思議に思った経験はありませんか?彼らのワックスは、その日の雪質に「合っている」のです。

ワックスを仕込んだスノーボードは、軽いタッチでもスムーズに滑り出し、トリックに必要なスピードを得ることができます。また、高速域での正しい姿勢や、スノーボーダーらしいクールな所作の秘訣も、ワックスにあると言っても過言ではありません。

効果があるとは知っていても「複雑で難しそう…」と、ワックスに抵抗を持っている方も多いでしょう。そんな方にお勧めしたいのが、手軽に本格的なワクシングが始められるDOMINATOR(ドミネーター)です。

雪の結晶の画像

DOMINATORは、数多くの特許を取得するフッ素混合化学の権威、タノス・カリダス博士が代表を務めるワックスメーカーです。「表彰台を支配する(ドミネートする)」というブランド名の由来通り、世界のトップアスリートを最新技術で支えています。

DOMINATORは、特に難しいと言われる「日本の雪質」を長年の研究対象としています。偏西風が運んでくる黄砂、海からの潮風、花粉や火山灰など、様々な影響を受ける日本特有の雪の為に開発されたBOOSTERシリーズは、MOJANEの必須アイテムです。

ゲレンデでペーストワックスを塗る様子

ワックスをもっと簡単に

DOMINATORのワックスは、ワックスの形状(固形・ペースト)に関わらずベース用と滑走用があります。ベース作りを行ってから温度帯や雪の状態に合わせた滑走ワックスを入れる、という手順です。

簡単なステップで効果を感じられるペーストや生塗りタイプのワックスは、初めてワックスを使う方にもお勧めです。最低限の道具があればペーストワックスのみでベースから滑走までを仕上げることも出来ますし、シーズン初めに専門店のチューンナップでベースを整えておき、滑走前にトップワックスを自分で行ってみるのも良いでしょう。また、DOMINATORのホットワクシング用ワックスは、一般的な固形ワックスよりも低い温度で溶け始め、じわっと気持ち良くソールに染み込んでいきます。ワクシングの回数が少なくても効果を発揮するのは、成分の純度が高い証拠です。ワクシングアイロンの熱でソールを痛める心配もありません。

もちろん、ワックスを深く追求する楽しみ方もありますが、「明日のライディングの為に、時間をかけずに準備したい」「細かい事は抜きにワックスの効果を得たい」というような、時短・即効性を重視する方にも好評です。

旭岳の画像

ワックスメーカーの環境への取り組み

兼ねてから、スキー・スノーボード用のワックスによる環境汚染が問題視されていますが、ドミネーターは有害物質を含まないワックスの開発にいち早く取り組んできたメーカーでもあります。

自然環境の中で行うスノーボーディング。楽しむほどに自然を壊してしまうなんて、本末転倒です。環境に配慮したワックスの開発に力を入れるメーカーは年々増えています。MOJANEでは、そういった視点もワックス選びの1つの基準として加え、ワクシングと併せて発信していきたいと考えています。

北海道で活躍するDOMINATORのワックスラインナップ

MOJANEでは、数あるDOMINATOR製品の中から4つのラインをセレクトしています。それらの用途や効果について、ユーザーとのテストや意見交換も毎年恒例です。

ワックスについて話し合う二人 ハーフパイプコンペティターの伊藤藍冬くんは、雪面の変化に即座に対応しなければならない大会での経験を基に、DOMINATORのお気に入りアイテムや効果的な使用法について話してくれました。

ドミネーター BOOSTERシリーズ
BOOSTERシリーズ

①日本専用のBOOSTERシリーズ

DOMINATORが難しい日本の雪の為に開発したワックスシリーズです。 花粉やチリ、黄砂、火山灰等の影響を受ける日本の雪で起こる摩擦を軽減します。環境に配慮した次世代潤滑剤、二硫化タングステンを配合。一見、種類が多く難しそうに見えますが、雪の温度と湿度を見れば候補が絞られます。

Aito「日本の雪質に合わせて作られているので、良く板が走ります。温度帯も細かく分けられているので、滑る日の天気、温度をチェックして、ベストなワックスを選んでください。」


ドミネーターワックス|HCの画像
BOOSTER【HC】

ドライスノーに最適なハイドロカーボン滑走用ワックス。北海道では、標高が低い山でのハイシーズンに活躍します。HC1.HC2は低価格高パフォーマンスなので、ワクシングの回数を要するMOJANE KIDSコンペティターの強い味方となっています。中学生以上はワクシングを覚えて、自分の板を仕上げましょう。


【HC0/-12℃~-20℃】60g ¥4000+TAX
【HC1/-6℃~-12℃】【HC2/0℃~-6℃】各60g ¥1500 / 200g ¥2900 +TAX


ドミネーターワックス|MF0の画像
BOOSTER【MF0】生塗り用

-5℃以下で使用する中フッ素配合滑走用ワックス。前日に入れたワックスが柔らかく、雪の結晶にソールが負けてしまった場合(グッと止まってしまう状況)、ソールに生塗りしましょう。シーズンが始まったら、ウェアのポケットに1つ忍ばせておくと、当日の温度変化に対応出来るので安心です。 20g¥2000+TAX ドミテックス付

Aito「予想以上に寒くてワックスが雪に合わなかった!という時に重宝しています。走らないな、と感じたら塗ってみてください。」


ドミネーターワックス|MF1とMF2の画像
BOOSTER【MF1/-6℃~-12℃】【MF2/0℃~-6℃】

中フッ素配合滑走用ワックス。極寒の季節に水分を含んだ特殊な雪に反応、ニセコエリアや余市エリア、海水の影響を受けやすいエリアで活躍します。日照に晒された雪で威力を発揮し、MF2では極寒状況(外気温-10℃程度)で陽射しを受け、表面が溶けている様な雪質で抜群の効果が得られます。北海道の標高の低い山なら12月〜3月まで対応できるでしょう。
60g ¥3500 / 200g¥2900 +TAX


BOOSTOR【HF1/-6℃~-12℃】【HF2/0℃~-6℃】生塗りOK

高フッ素配合滑走ワックス。HF1は様々な場所、時期で使えるワックスですが、HF2は雪温が−6~ -12℃の設定なので、前日、前々日と天気と雪温の情報が揃っている時に使いましょう。

北海道だと、12月の黒岳や旭岳、地熱が高く、湿った雪が降る場所で使えそうです。ニセコはシーズン通して活躍します。各60g ¥9200


ドミネーターワックス|HF3の画像
BOOSTOR【HF3】生塗り用

高フッ素配合滑走用。ハイシーズンに突然やってくる暖気、朝一は仕込んでいる低温ワックスで対応できたけれど、10時過ぎからベトベトしてきた、そんなときに活躍します。ゴンドラ内で塗って、付属のドミテックスで刷り込めばOK。仕込んでいた硬めのワックスを柔らかくする効果もあります。汚れていない綺麗な雪で効果を発揮します。
20g ¥3900+TAXドミテックス付

Aito「春先、シャバ雪のハーフパイプやパークなどで板が走らなくなったとき、HF3を塗ると走ります!持続効果は短いので1時間毎に入れるのがベストです。塗るのが簡単なのも良いです。」


ドミネーターワックス|DSの画像
BOOSTER【DS】

黄砂・花粉・排気油対応、高フッ素配合滑走ワックス。DSは”ダーティー スノー”の略です。日本特有の花粉、黄砂、塩分等、様々な”汚れ”による摩擦を軽減します。水分の多い春雪に対応した高フッ素で、テクスチャーは硬く、ワクシングで塗りにくい難点はありますが、北海道必需品アイテムの一つです。春のストップ雪で必ず活躍します。
60g ¥3800+TAX

Aito「DSはアイロンで溶かして塗るのがベストですが、僕は滑走ワックスを入れる前に生塗りをしています。生塗りでも効果があり、溶かして塗るよりも使用量が少ないのでオススメです。」


BOOSTER【DH】

高フッ素配合滑走用。高速域を得意とするワックスですが、キロロやルスツ、雪面に日が差し、緩んできた暖斜面での滑走性が良いと思います。
【DH1/-6℃~-12℃】【DH2/0℃~-6℃】
60g ¥3800+TAX


ドミネーターワックス|BPの画像
BOOSTER【BP】ベースワックス

BOOSTERシリーズを使う方の為のベースワックス。RENEWシリーズよりも柔らかく、クリーニングにも適しています。
60g ¥1900 200g¥3500 +TAX



ドミネーターワックス|ペーストBPの画像
BOOSTER 【PASTE BR】ノーアイロン
(ノーアイロン) ベースケアとベースクリーニングを同時に行える便利なペーストは、アイロンを持っていない方、ワクシング初心者、時間なんてかけてられない!という方も、是非お使いいただきたいアイテム。【BOOSTER PASTE BRの使い方
50g¥2700 ドミテックス付


DOMINATOR ZOOMシリーズの画像

②万能ワックスZOOMシリーズ

雪温に合わせて、ワックスが自動的に硬化したり軟化したりするサーモアクティブズーム機能を持ったオールマイティーな滑走ワックスシリーズです。グラファイトワックスや、フッ素が入ったワックス、人工雪に強いワックス、様々な使い分けもありますが、まずはZOOMであらゆるシーンを滑ってみてください。概ね、春のシャバ雪以外で困ることはありません。


ドミネーターワックス|レースズームの画像
【RACE ZOOM】

サーモアクティブズームにフッ素グラファイトを混合した超高級ワックスです。誰よりも速いライディングを求める方にとって最高のパフォーマンスを発揮します。トラバースがとても楽になるワックスなので、コンディションがハマる2~3日間のショートトリップにもお勧めです。
【NEWSNOW / OLD SNOW】40g¥6000 / 100g¥11500 +TAX


ドミネーターワックス|レースバレットの画像
【RACE BULLET】

主に大会に出場する選手が使用しています。ありとあらゆるワックスが塗られた選手たちのボードが同じ場所を通ります。雪潰れていたり、硫安が巻かれていたり、人工雪だったり。そういった状況下でも自分らしく滑る為のワックスです。
【NEWSNOW / OLD SNOW】40g¥4600 / 100g¥9200 +TAX


ドミネーターワックス|サイコの画像
【PSYCHO】

Aito「PSYCHOは粉状のとても硬いワックスです。硫安でガチガチに固められたゲレンデ、ハーフパイプ、パークなどではエッヂ側のワックスの消耗が激しいので、硬いワックスでないとすぐに白くなり走らなくなってしまいます。そこでpsychoを使うと、エッヂ側のwaxの消耗が軽減され板の走りを保つことができます。」
【NEWSNOW / OLD SNOW】60g¥4600 +TAX


ドミネーターワックス|ハイパーズームの画像
【HYPER ZOOM】

サーモアクティブズームに中フッ素が入った、無敵のワックス。ハイシーズンでは日差しが強く、曇りがちの変わりやすい天気でとても気持ちよく滑る事ができます。
40g¥3300 / 100g¥6000 +TAX


ドミネーターワックス|ズームグラファイトの画像
【ZOOM / ZOOM GRAPHITE】

オールシーズン使用出来る中フッ素配合のサーモアクティブシステムワックス。どんなコンディションにも幅広く対応する機能、サーモ・アクティブズームは、DOMINATORの核となるワックスシステムです。DOMINATOR入門には、ズームを12月~3月まで使ってみてください。
100g ¥2900 400g¥5800 +TAX

Aito「ハイシーズンから春のベシャベシャ雪でも活躍する、オールマイティーなワックスです。」


ドミネーターワックス|バレットの画像
【BULLET】ホットワクシング

表記には”低温ワックス”と記されています。低温=硬いワックスなので、摩擦抵抗に強いです。フッ素は入っていないので、水分の多い雪での疾走感は期待できませんが、耐久力のあるソールを作ることができます。全シーズンを通し、ベースワックスと滑走ワックスを繋ぐ役割を担う重要なワックスです。
100g ¥3200+TAX


ドミネーターワックス|ハイパーズームペーストの画像
【HYPER ZOOM PASTE】ノーアイロン

中フッ素のHYPER ZOOMペーストは、低温の雪でもよく走る、手軽さと滑走性能を兼ね備えた優秀ワックスです。BPやRENEWでベースをしっかり仕込んだ後に使いましょう。ワックス初心者にもお勧めですし、念入りに仕込んだワクシングの最終仕上げに使うと、精度が高まります。【HYPER ZOOM PASTEの使い方
60g¥2800+TAX

③ケア&クリーニング専用ベースシリーズRENEW

ドミネーターワックス|レニューの画像
【RENEW】ベースワックス

2~3度のワクシングで完璧なベース作りが完了。トップワックス硬さを問わないので、ベースコンディショニングに最適なワックスです。
100g ¥2900 / 400g ¥5800 +TAX


ドミネーターワックス|レニューグラファイトの画像
【RENEW GRAPHITE】ベースワックス

グラファイトソール用のベースワックス。グラファイトが染み込み、ソールが黒ずむので、かなり”やってる感”が出ます。ベースにグラファイトを入れたら、トップにもグラファイトを。また、グラファイトRENEWは”MOMENTIUM”シリーズと相性抜群です。MOMENTIUMを使う予定がある方はこのベースをお勧めします。
100g ¥2900 400g¥5800 +TAX

④MOMENTIUMシリーズ

ドミネーターワックス|モメンティウムの画像
【MOMENTIUM】ノーアイロン

4種類で全ての雪質をカバーする、ハイパフォーマンスペーストワックス。大会時のコンディションの変化に対応します。グラファイト配合なので、RENEW グラファイト, ZOOM グラファイト、BULLETを仕込んだソールと好相性。スピーディーなペーストタイプなので、天気の予測がつかないスノーボードトリップでも活躍します。
【NEW SNOW】N1/N2 【OLD SNOW】01/02各60g ¥3400+TAX

Aito「MOMENTIUM 02を使いました。降雪後3日以降〜古い雪、雪温-8℃以上に対応し、グラファイト配合なので摩擦抵抗が抑えられます。ペーストは固形ワックスと比べて、シャバシャバ雪での持久力は劣りますが、ハイシーズンに使用するなら1日持ちます。」

プロフェッショナル仕様のチューンナップツール

ドミネーターブラシを使う様子

1年中チューンナップを行うMOJANEにとって、DOMINATORのワクシング用品は、無くてはならない存在です。

特に僕が気に入っているブラシは、掻き出す力、磨き、耐久性に優れ、効率よくソールのお手入れが出来ます。決して安価ではありませんが、もしも本格的にチューンナップ用品を揃えようと計画中なら、是非候補に入れて頂きたい逸品です。


ドミネーター ホースブラシの画像
ワックスブラシ

ブラス&ホースヘアーコンビ(クリーニング・仕上げ用)/ブラス(クリーニング用)/ホースヘアー(仕上げ用)各¥5.500
スティール(クリーニング用)¥7.600/スティール&ホースヘアーコンビ(クリーニング~仕上げ用)¥8.700 / +TAX



ドミネーター ホースブラシの画像
スクレーパー 3mm¥500/5mm¥700 +TAX

ソールの凹凸に残りがちなワックスを綺麗に削り出すには、スクレーパーの適度なフレックスが必要です。DOMINATORのスクレーパーは、良くしなる3mmと力強い5mmの2種類。スクレーパーの角が丸くなってきてしまったら、紙やすりとシャープナーで角出しをしましょう。



ドミネーター フィニッシュクロスの画像
フィニッシュクロス 1枚¥1.200 2枚¥2.000 +TAX

静電気防止加工が施された仕上げ用のクロス。ワクシングの最終仕上げはもちろん、滑る前に一拭きする事で加速性をアップさせます。
ウェアのポケットに必ず忍ばせておくと便利です。



ドミネーター ドミテックスの画像
ドミテックス 4枚組 ¥1.300 +TAX

適当なサイズにカットして、ペーストワックスをソールに塗り込む際に使用します。ペーストを程よく含み、まんべんなくソールに塗り広げられます。固形ワックスを生塗りする時にもあると便利です。



DOMINATORを使用した1シーズンのワクシングプラン

ここからは、北海道のウィンターシーズンをフルに楽しむ為に、僕がDOMINATORをどの様に活用しているのかをシェアします。

MOJANEではシーズン中に、天気予報に応じたワックスをご案内するワックス予報をSNSで配信していますので、是非チェックしてください。
(代替テキスト)
雪の結晶を観察する様子
初冬:11-12月

シーズン初めは、ハイシーズンに備えるベース作りを意識。比較的乾いた雪が多い季節と考えています。気温は下がる一方なので、固め固めにソールを仕上げます。

RENEWやRENEWグラファイトを3回、さらにZOOM Gを3回。これでベース作りは万全です。このままでも滑走できますが、仕上げにHC1(ハイドロカーボンワックス)を入れればパーフェクト。

また、この時期に滑りに行く日が決まったら更にHC1を仕込んでいます。

ハイシーズン:1-2月

真冬の北海道は「湿度」に注目してください。たとえ気温が低くても湿度が高ければ、雪は水分を含んでいます。マイナス14℃でも、中フッ素が必要なコンディションになることもあります。

但し、フッ素を入れたソールに後日別のワックスを入れる際はクリーニングが必要です。雪のコンディションが変わった場合は、面倒がらずに1度クリーニングを行ってからトップコート(滑走用)のワクシングを行いましょう。

晩冬:3-4月

寒暖差が激しい季節です。標高の低い山ではシャバシャバな雪となりますが、高い山はまだパックされています。標高差のある山でワックスの温度帯を特定し過ぎると、板の滑りが悪く詰まってしまいます。そんな季節にZOOMシリーズが活躍します。必要な成分を含むワックスをミックスして使うなど、工夫してみるのも良いでしょう。

4月に入ると、BOOSTERシリーズのDSが活躍するシーズンです。手軽に仕上げるならBR PASTEでベースを作り、同じペーストタイプや生塗りタイプで仕上ると良いでしょう。ホットワクシングを行う場合は、フッ素配合の固いワックスがお勧めです。

シーズン終わり4-5月

黄砂、松脂、花粉、潮風、汚れを含んだザラメ状の雪により、滑走ワックスの効果はあっという間に奪われてまいます。クリーニングを重視し、汚れの付きにくい固めのワックスを選びます。DOMINATORならBOOSTER DSの一択です。また、この時期のソールはシーズン初に仕込んだベースワックスで差が出てきます。丁寧にベース作りをしていたなら、水分に強い、耐久力のあるソールへと仕上がっているはずです。

ワクシングの浸透を比較している画像

この2本のボードは2017-2018シーズンのCUSTOM Xですが、ソールの色の濃さが違います。奥のボードは、シーズン初めにベース作りを開始し、何度もワクシングを繰り返したもので、ワックスがソールにしっかりと浸透した状態です。手前のボードは、特別なチューンナップを行っていません。この差は、失速しがちな春雪での滑走性と、汚れの付きにくさ、落としやすさに顕著に表れます。

オフシーズン

冬を思い切り楽しんだボードは、ソールの汚れをしっかりと落として次のシーズンに備えます。ソールクリーニングはホットワクシングで行います。この時、僕はベース用のBOOSTER BP(ベースプレップ)を使います。ベース作りはもちろんですが、スクレーパーで剥がしやすいので気に入っています。アイロンの温度は低めに設定し、時間をかけてゆっくりと作業します。

ソールクリーニングの後は、保管中のソールの保護・酸化防止の為に、RENEWなどのベースワックスを厚めに塗って完成です。ボードは直射日光が当たらず、湿度や温度が安定した場所で保管しましょう。シーズンオフのチューンナップ

雪質の変化に合わせてワックスを使用する様子

COMMENT

メールアドレスは非公開です。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー