TUNE UPスノーボードチューンナップソールリペアサービス

ソールリペア|滑走面についた傷は早めに修復を。

スノーボードのソールメンテナンス

深めの傷は放置禁物!リペア材で直せます。

お気に入りのボードで思いっきり突っ込みたいのがスノーボーダーの常。ですが、雪山には岩や木の枝といった大小様々な障害物が潜んでいます。特に、まだ雪が定着していないシーズン初めからニュボードをおろす際は、予め「傷は付くもの」と考えた方が良いでしょう。

今回は、大切なボードを長く安全に乗るために、滑走面(ソール)の傷と補修方法について解説します。

ソールの傷が及ぼす影響

傷の種類を見極めよう

マイボードの滑走面をよく見ると、既に様々な傷が付いているかと思います。その中で、「深くついた傷」と、「進行方向を妨げるように付いた傷」に注目してください。これらは出来るだけ早く補修して頂きたい傷です。

進行方向に対して斜めや横に入った傷は、滑走速度を下げてしまう要因となります。また、傷の方向に限らず深くついた傷は滑走性能を下げるだけでなく、長期間放置すると芯材に水分を浸透させ、やがて芯材を腐らせてしまいます。知らず知らずのうちに腐食が進んだボードに乗ると、軽い衝撃で折れてしまうこともあり危険です。

ソールの
傷
エッジ周辺の深い傷。

エッジ周りのえぐれたような傷は、よく見るパターンの一つです。この程度の深さの傷は、なるべく早くリペアを行った方が良いでしょう。長いひっかき傷や激しい”えぐれ”など、気になる傷があれば放置せず、専門店で相談してみることをお勧めします。


使用上の問題が無い傷

すべての傷に対して神経質になる必要はありません。例えば進行方向に平行に入った細かな傷ならスピードへの影響も無く、浅い傷はワックスを仕込むことでカバーできる場合が多いです。

ソールリペアの工程

リペア材:GALLIUM
リペア材:GALLIUM

ソールの傷は、専用のリペア材を溶かし埋めて補修します。普段からホットワクシング等のセルフチューンナップを行っている方なら、コツを掴めばご自身でリペアする事も出来ると思います。

リペア材の色は、透明か黒が一般的です。そのため、ソールのグラフィックスを再現しつつ傷跡を消すことはできません。また、ソールにはリペア跡が残ります。

1.ソール全体をクリーニングした後、傷の状態をチェック。補修箇所をマスキングします。

2.リペア材を熱(専用工具またはライター)で溶かし、補修箇所に垂らします。

3.粗熱が取れた状態でマスキングを剥がし、金属スクレーパーでスクレーピング。余分なリペア材を削り落とします(深い傷は一連の作業を繰り返す)。

4.サンディングで全体を滑らかに仕上げます。

ソールリペアの手順マスキング
マスキング
ソールリペアの手順リペア材で埋める
リペア材で傷を埋める
ソールリペアの手順サンディング
サンディング

補修箇所を手で触り、凹凸を感じなければ、いつも通りのベースワクシング→トップワクシングを行ってください。

MOJANEのソールリペア

ソールリペア

ソールリペア 3cm/¥500〜+TAX

大切なボードをより長く安全に乗るために、今一度ボードをチェックしてみてはいかがでしょうか?

※リペア材の色はクリアとブラックの2色です。若干のリペア跡は残りますので、ご理解ください。傷の大きさや度合いにもよりますが、3~10日程度で仕上げています。

COMMENT

メールアドレスは非公開です。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー