BEGINNERブーツディーラックスビンディングハウツーサイズ

DEELUXE25.5cmのビンディングサイズはSか?Mか?

バインサイズS/Mをまたぐブーツのマッチング

DEELUXE中間サイズのお悩み解決!

当ブログのコメント欄には、スノーボードに関するパーソナルな悩みが寄せられます。2020-2021シーズン、目立って多かったのは「ブーツとビンディングのサイズ合わせ」特に、DEELUXE(ディーラックス)に関する質問でした。

DEELUXEは、熱形成による完璧なフィット感と保温性に定評のあるブーツブランドですが、アウターブーツのゴツさも特徴です。

特に、ビンディングのSとMをまたぐ25.5cmは、ビンディングメーカー各社が公表する適応サイズに収まらないケースがあるので、「僕の場合、ビンディングサイズはS/Mどちらですか?」という書き込みが多くなっているのだと思います。

この手の質問が増えているのは、DEELUXEの人気が高まっている証拠。お困りの方の為に、サイズ合わせのポイントをシェアします。

ブーツサイズ+0.5cmでビンディングを選ぼう

DEELUXE 21-22

DEELUXEのアウターブーツは、他ブランドの同一サイズと比べて、ハーフサイズアップ(+0.5cm)相当です。

25.5cmのDEELUXEブーツなら外回りは他ブランドの26.0cm程度と捉えて、ビンディング各社の推奨サイズと照らし合わせてみてください。

ただ、DEELUXEの中でもモデルによってアウターの厚み、柔らかさ、性質が違います。

例えば、アウターが柔らかいRINやORIGINALは、ビンディングのストラップをギュッと深く締め付けられるので、新品の状態から本来の推奨サイズのビンディングにも収ままります(最初はきつく感じるかもしれません)。使い続けるうちに少しづつ縮んでいくので、それを見込んだビンディングサイズを選んだり、買い替えのタイミングを見計らうと良いでしょう。

RIN / ORIGINAL:アウターが柔らかい為、使用頻度を重ねる中で徐々にシュリンクする。
EMPIRE / DEEMON:使用後にシュリンクはするが、RINやORIGINALほどではない。

DEELUXE25.5の鍵は、ボードウェスト

ビンディングはSとMが使えるDEELUXE25.5cmですが、SとMでどんな違いが生じるのかが気になるところ。21-22モデルのDEELUXE DEEMON 25.5cmと、UNION FORCEのSとMをBURTON CUSTOM X 152に乗せて比べてみました。

DEELUXE 25.5×UNION FORCE S
Sサイズなら余裕で収まる!
DEELUXE 25.5×UNION FORCE M
Mはウェスト幅がギリギリ。

CUSTOM X 152のウェスト幅は24.4cmです。Sサイズのビンディングでは十分な余裕がありますが、Mはギリギリ収まっている状態でした。

センタリングはヒールカップで調整できるので、このボードではS/Mどちらでも問題無く使用できますが、ボードのウェスト幅が24.4cm以下ならSサイズを選ばなければ、ボードからビンディングがはみ出てしまいます。

ボードからビンディングが多少はみ出ていても気にしない、という方もいますが、全体のバランスや見た目も含め、出来れば収まるサイズを選びたいところです。

逆に、ボードのウェスト幅が24.4cm以上であれば、S/M両サイズ使えます。この時に起こる差は、Sのタイトな締め付け感や、Mの装着のしやすさといったビンディング自体の使用感です。お好みでお選びください。

ショートファットならMを。

注意したいのは、ウェスト幅が26.5cm以上あるショートワイド~ファットボードの場合です。Sサイズではセンタリングが取れない場合がありますので、そういった組み合わせならMサイズが良いでしょう。

DEELUXE25.5cmのマッチングポイント

【ビンディングS】ショートワイド~ファットボードならMを
【ビンディングM】ボードウェスト24.4以上
【ビンディングL】ボードウェスト26.3cm以上

ビンディング3社のサイズチャート

MOJANEが取り扱うビンディングメーカーが公表しているサイズチャート(メンズ)は以下の通り。

ビンディングメーカー3社のサイズチャート

次に、僕が考えるDEELUXE EMPIRE / DEEMONサイズ毎のマッチングです。

DEELUXEとバインのオリジナルサイズチャート

DEELUXE RIN / ORIGINALの場合

RIN / ORIGINALの25.5cmでは、新品の状態ならBURTON,UNION,NOW,いずれもMサイズで使用できますが、徐々にアウターが縮まりSサイズの方が合うようになります。26.5cmならMサイズで使い続けられます。MOJANEでの取り扱いはありませんが、どのモデルもお取り寄せは可能です。

DEELUXEとNOWハンガー3.0を合わせる際の注意点

OW BINDINGS 21-22 SELECT×DEELUXE

2021-22シーズン、NOW BINDINGSの一部モデルのハンガーが、2.0から3.0へアップデートされます。

新しいものには目が無いMOJANEですが、DEELUXEの24.5-25.5cmを使用する方には、ハンガー3.0搭載モデルの使用をお勧めしません。

一番の理由は、ハンガー3.0はMからのサイズ展開だということ。24.5cmのブーツでは使えません。25.5cmならかろうじて使えますが、ハンガー3.0の良さは得られないと考えています。

WOMEN’Sの基本はSにあり。

WOMENS DEELUXEとバインのサイズ合わせ

ウィメンズモデルについても少し触れておきましょう。

ハードギアに関しては、ユースモデルからメンズモデルに移行する成長過程でウィメンズモデルを利用したり、小柄体型の男性にも活用して頂けます。

各ビンディングメーカーの推奨は、ブーツサイズ25.5-26.0cmまでがSとなっています。メンズサイズ同様、DEELUXEでは一般的なブーツサイズのハーフサイズアップを意識してサイズチャートをチェックしましょう。

DEELUXE 23.5-24.5cmならビンディングはS、25.5cm以上ならMを選ぶと間違いありません。

「SかMか微妙だな…」と迷ったら?

WOMENS DEELUXEとバインMサイズ
WOMENS DEELUXE22.5cm×バインM

やはりウィメンズでもDEELUXE25.5cmがビンディングサイズをまたぎます。

Sサイズはヒールカップが小さく、フィット感もタイトです。初級者は慣れるまでは装着し難く感じるかもしれません。僕は、ウェスト幅でボードを選んでいる中上級者には、タイトなSサイズをご提案することがあります。

一方、Mサイズならヒールカップが大きいので装着しやすく、大きすぎて不安定になる、という事も無いので安心です。

WOMENSビンディングメーカー3社のサイズチャート

インソールによるサイズアップ

DEELUXE FPインソール

足のサイズが小さくても、ブーツサイズを上げて、インソールでサイズ調整するという方法もあります。

例えばNOWのハンガー3.0搭載モデルの様に、MとLサイズのみのモデルを使いたい場合に有効です。

僕は足幅が広いので、サイズ的にはUS7.5ですがインソールを使ってUS9.0までブーツサイズを上げています。

若い頃は「足が痛くても我慢して履いていれば馴染む!履き込め!」が当たり前でしたが、年齢を重ねると共に、痛みを我慢しながら滑るストレスに耐えられなくなってきたのです。

思い切ってブーツサイズをサイズを上げると、下ろしたては快適に過ごせるのですが、やはり4・5回も履くとかかとが浮いてしまいます。

そこで、インソールでサイズのかさ増しをするようになりました。スノーボード用のインソールはクッション性や耐衝撃性に優れたものが多く、厚みがあり、確実にサイズアップが出来ます。

中には、足裏感覚を研ぎ澄ませたいと考える上級者もいると思いますが、僕は快適に長時間滑っていられるクッショニングに重点を置いて、この方法を取っています。

足幅に合わせてブーツを選ぶようになってからは、厚みの違うインソールの2枚使いや、アウターブーツとインナーブーツの間に入れるなど、ブーツの種類や馴染み方によって調整しています。

因みに、お勧めはFPインソールです。

ハードギアのマッチングの基本

DEELUXE 25.5×UNION FORCE

どんなブランドにも共通するブーツ×バイン×ボードのマッチングのポイントをまとめておきます。

①道具の特性を把握しよう。

所有しているギア、購入予定のギアの特徴や実寸を知りましょう。サイズ合わせに最も影響があるのは、ハードグッズの外寸や機能です。例えば、DEELUXEならアウターが大きいこと、UNIONならヒールカップで多少のサイズ調整が出来ますね。また、ビンディングサイズに迷った時は、ボードのウエスト幅が決め手となります。

②各ギアと自分のスタンスの相性をチェック。

所有しているギア、購入を検討しているギアのサイズを照らし合わせて収まりを確認します。 この時、モデルによってはビンディングのアジャスター機能や、スタンス幅・アングルの微調整で解決できる場合もあります。 店頭での試着や、試乗イベントも大いに活用しましょう。

③使用感の微調整は必ずできる!

人の体は個人差・左右差もあるので、既成品で完璧なフィット感が得られるとは限りません。状況に応じてインソールやソックス、少しのカスタムをお試しください。また、新品の状態は短期間しかありません。使い続ける中で、馴染み方や劣化具合に応じて調整しましょう。

理想の道具に出会うのも、スキル。

DEELUXE

使用ギアやその状態、滑走エリア、技術レベル、筋力、好み、目的等々…。あらゆる個人差がある中で、道具選びの正解はケースバイケースです。

狙い通りのセットアップの為に出来ることは、各社が公開しているカタログやレビューを参考に、自から確かめるのが最善策です。

取扱店・購入店で試着する。参考になるモデルを使う友人がいれば借りてみる。試乗会やレンタルを利用する。様々な手段があります。是非実物に触れる機会を増やして、道具選びのスキルを身に付けていきましょう。

※MOJANEで現在取扱中のDEELUXEは、DEEMONと EMPIREのみです。ビンディングも的を絞ってセレクトしています。取扱いのないモデルやブランドに関する質問への回答は、控えさせていただく場合があります。基本的には、取扱店やご購入店にお問い合わせ頂くようお願いします。

COMMENT

メールアドレスは非公開です。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー