REVIEWブーツ藤谷瞭至小杉榮大FPインソール

FPインソール|米軍仕様の耐衝撃性能!関節負担を減らしてパフォーマンスアップ

FOOTPRINT INSOLE/GAME CHANGERS

足裏から関節を守るFPインソール

スポーツ愛好家や、立ち仕事をされている方なら、シューズインソール(中敷き)の大切さに気付いているのではないかと思います。

長時間運動を続けていると、骨盤のゆがみや姿勢の癖、偏平足といった要因が関節に負担をかけ、やがて慢性的な疲労感や痛みへと発展します。

中敷き、というと「少し大きめの靴のサイズ調整を行うもの」と捉えている方も多いですが、最近では姿勢矯正、疲労軽減、保温、消臭など、様々な効果にフォーカスしたインソールが展開されています。それは、スノーボードでも同様です。

今回は、たった1枚仕込むだけでパフォーマンスが向上するスノーボード用インソール、FP(フットプリント)インソールをご紹介します。

スノーボーダーには、テリエ・ハーカンセンが愛用している、というだけで説明は十分かもしれませんが、もう少し詳しく掘り下げていきたいと思います。

プロが認めるキングフォームの耐衝撃

「足裏からの振動・衝撃を90~95%カットする」というFPインソールの要は、全モデルに搭載されている特殊な超低反発素材「キングフォーム」です。

キングフォームの衝撃カット効果は、大きなアクションになるほど発揮され、米軍、NASA、シルクドソレイユでも採用されています。

FOOTPRINT INSOLE/GAME CHANGERS/JAWS HOMOKI

耐衝撃性能の実証例として有名なのが、FPインソールのパッケージで特大オーリーをみせているJAWS HOMOKI君。彼はFPインソールを使用し、スケートボードで25段の階段を無傷で飛び降りたスケーターです(僕はこのエピソードが大好きです)。

スノーボードの為に開発されたモデルGAME CHANGER

FOOTPRINT INSOLE/GAME CHANGERS
FP INSOLE/GAME CHANGERS ¥6.500+TAX

FPインソールからは、スケートボード用を主軸に様々なモデルがリリースされていますが、スノーボードの為に考案されたのがGAME CHANGERS(ゲームチェンジャー)です。

ゲレンデは、柔らかく綺麗なバーンばかりではありません。長時間滑る方や午後から山へ向かう方なら、むしろ雪面は荒れている方が多いはずです。また、マッシュやジャンプ台を超えたらフラットだった!着地が超硬かった!といった経験がある方も多いと思います。スノーボード用インソールとして重要なのは、いかにそれらの衝撃を和らげるか、ではないでしょうか。

GAME CHANGERSは、長時間のライディングでも疲れにくく、滑走中に不意に起こるトランジションから首、腰、膝を守ります。特に、関節痛を抱えている方、足が疲れやすいと感じている方にお勧めです。

効果を生かす使用法

藤谷瞭至 × FP GAMECHANGERS

GAME CHANGERSは、土踏まずが低い(ローアーチ)から普通(ノーマルアーチ)対応モデルです。土踏まずがしっかりとあるハイアーチの方は、FPのスタンダードかエリートモデルをチェックしてください。

インソールには、足裏感覚を大切にした薄型タイプや、バランス力を高める立体設計など、様々な形状がありますが、FPインソールは耐衝撃性を重視しているため、全てのモデルが比較的厚めです。GAME CHANGERSでは、最薄部4mm、フォームが入った最厚部は8mmもありました。厚みがある分、ブーツのサイズ調整にも効果的です。


FP INSOLE GAME CHANDERS
付属のヒールクッションをインソールのかかとに貼り付けると効果UP。

使用する際は、ブーツに元々入っているインソールを抜いてから、FPインソールをインナーブーツに入れてください。

ゲレンデから帰った後は、毎回ブーツからインナーブーツとインソールを抜き出し、それぞれを良く乾かしましょう。インソールだけでなくブーツを長く使うための秘訣でもあります。



熱形成はお好みで

GAME CHANGERSの使用方法を見ると、「オーブンで温めて自分の足型にフィットさせる」との記載がありますが、熱成形をせず使用しても体温で自然に形付きます。僕は熱形成をしないまま使っていますが、それでも衝撃カットの効果は十分に感じています。

履き始めは硬さを感じるなどの違和感がありますが、心配無用です。歩いたり、滑走の準備をしているうちに体温がインソールへと伝わり、気が付くと足裏にぴったりとフィットしています。
体温でインソールが馴染むまでの時間を短縮するには、ゲレンデに向かう車内のヒーターで予めFPインソールを温めておき、ブーツを履くタイミングでインソールを装着。時短+暖かく過ごせます。

熱形成ブーツDEELUXEとのマッチング
DEELUXE × FP GAME CHANGERS

「熱形成なしでOK」の例外は、DEELUXEのブーツと合わせる場合です。DEELUXEの熱形成では、別売りのインソールが必要になりますが、同ブランドの専用インソール(¥4.500+TAX)の代わりに、GAME CHANGERS(¥6.500)をインナーブーツに入れて一緒に熱形成することができます。MOJANEではその相性の良さに注目しています。新たにDEELUXEを購入する、焼き直しの予定がある方はお試しあれ。

FOOTPRINT INSOLE/GAME CHANGERS
使用直後のインソール

GAME CHANGERSを仕込んだブーツは、履いている最中よりも、ブーツを脱いで床に足を付けたり普段の靴に履き替えた時に、インソールが完璧にフィットしていたことが感じられます。使用後、すぐにブーツからインソールを抜き出すと、自分の足裏の形がくっきりと残っているのが確認できました。

熱形成の有無にかかわらず、しばし乾かしておくと元のフラットな状態に戻り、繰り返し使用できます。何年も使っていくと柔らかさが失われていくようですが、余程ハードな使い方をしない限り確実に5年は使えます(スケートボードで使用した場合は劣化が早いようです)。


サイジング

インソールのサイズは1インチ刻みです。ブーツサイズに合わせて選びましょう。また、大きめのブーツを履いている方は、アウターブーツとインナーブーツの間に入れるという裏技も。サイズ調整をしながらフィット感を高めることができます。その場合は1サイズ大きくてもいいかも知れません。インナーブーツが痩せてしまった場合も有効なアイディアです。


インソールの応用

スノーボード用として販売されているGAME CHANGERSですが、オフシーズンは普段履きのシューズに入れてみてください。スケーターはもちろん、ウォーキングやトレッキング、長時間立ちっぱなしで行うフィッシングなど、様々なアウトドアシーンで活躍します。僕はぎっくり腰が心配なので、仕事用のスニーカーに年中入れています。

また、GAME CHANGERSを使用することで、元々ブーツに入っていたインソールを持て余している方も多いと思います。これも同様に、普段履きのシューズインソールとしてお使いください。特にBURTONブーツのインソールは履き心地が良いので、無駄なく活用できます。

成長期のストンプに注意

スノーボードで5~6mジャンプしたときの着地では、身体に体重の5倍もの負荷がかかると言われています。特に関節へのダメージは大きく、成長期の子供たちには気を付けて欲しいところ。

「すぐに成長するからブーツは大きめを選んだ」という場合もインソールでのサイズ調整をお勧めします。

MOJANEにはFP GAME CHANGERSを愛用する10代のコンペティターがいます。プロスノーボーダー藤谷瞭至くん(16)、小杉榮大(14)くんです。彼らにとってインソールがどんな存在か聞いてみました。

藤谷瞭至 × FP GAMECHANGERS

藤谷瞭至 × FP GAMECHANGERS

「北海道は大きなキッカーがないから効果を感じる場面は少ないけど、白い恋人パークエアーの様なガチガチに硬いシチュエーションでは性能を発揮します。決勝の3本目でのストンプはFPインソールに助けられました。」

小杉榮大 × FP GAMECHANGERS

小杉榮大 × FP GAMECHANGERS

「ブーツのサイズが小さくなってFPインソールを外した時は、すぐに膝が痛くなった。調子が良い時は気がつかないけど、体の故障がないのはインソールの効果もあると思う。」

身体能力が高く、ある程度の衝撃に対応出来てしまう彼らですが、成長期の体には大きすぎる負担を受け止めています。蓄積されるダメージを軽減し、少しでも長くスノーボードを楽しむ為にも、キッズアスリートには是非使ってもらいたいアイテムです。パラクールやブレイクダンスなど、足裏感覚や関節を駆使するスポーツにも役立つのでは無いでしょうか。

長時間のライディングを満喫するために

FP INSOLE GAME CHANGERS

首や腰の怪我を経験している僕にとって、スノーボーディングで常に意識しているのは無理をしない事。それでも、気の向くままに1日中滑り続けようとすると、FPインソールが欠かせません。

北海道のフィールドは広大で、1日では滑りきれないリゾートが数多くあります。もっと滑りたいけど疲れや痛みが心配だな…と感じたら是非FP GAME CHANGERSをお試しください。心おきなくもう1本、ライディングを楽しみましょう!

COMMENT

メールアドレスは非公開です。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー