REVIEWバートンスノーボードフィエルスノーボード2020-2021キャピタリブテック

2020-2021最新モデル入荷一覧 スノーボード編

MOJANE 2020-2021 SNOW BOARD ARRIVED

スノーボードラインナップ 20-21

今季は、MOJANEが目指す”オールマウンテンフリースタイル”を、いつも以上に強く感じていただけるモデルが揃いました。
どのボードも、北海道を滑りつくすに十分なスペックを備えています。

その中で、新たな顔ぶれとしてセレクトしたGNU(グヌ)のHYPER KYARVEは、HOME TOWN HEROやFJELL MT1530に並ぶ「ディレクショナルで優雅なフリーラン」がイメージできるボードです。また、MOJANEが力を入れるBURTONボードは、例年と比較して軽く仕上がっています。実物を手に取り、チェックしてみてください。

この記事は、入荷次第随時更新してまいります。在庫状況等、お気軽にお問い合わせください。


BURTON SENSEI

BURTON SENSEI

¥92.000+TAX
20-21シーズン、最も注目されているボードのひとつです。オーセンティックなボードのアウトラインとキャンバーを、現代のテクノロジーとアイディアで再構築したネオ・クラシック。スノーボードの本質であるターンの楽しさを再発見できるボードです。朝一番の圧雪は、パウダーよりも贅沢かも!?STEP ONとのセットアップもお勧めです。


BURTON STRAIGHT CHUTER

STRAIGHT CHUTER

¥96.000+TAX
MOJANEの一押しは、ダニー・デイビス監修のパウダーハンティングボードSTRAIGHT CHUTER。急斜面×パウダーを得意とし、際どいラインもスピードに乗って縦に縦に攻め込んでいけるワイルドなボードです。ビッグマウンテンやバックカントリーでは長め、北海道の中・小規模ゲレンデのサイドカントリーなら短めがお勧め。


BURTON HOME TOWN HERO

BURTON HOMETOWN HERO

¥87.000+TAX
19-20シーズン、世界中で人気を博したヒット作が再登場。今季のHOME TOWN HEROはサイズ展開を増やし、より幅広い世代・レベル層にアプローチしています。近年のFAMILY TREEは、地域性を重視したボードづくり+各地での遊び方を提案する傾向にありましたが、このボードは世界中の何処へ行っても、どんなコンディションでも使える、オールラウンドなボードです。


BURTON CUSTOM-X ,FV

CUSTOM X, X FV

¥92.000+TAX
「スーパーパイプが有る限り作り続ける」そうBURTONが語るブランドフラッグシップモデル。MOJANEでは、上達する楽しみに目覚めたスノーボーダーにお勧めしています。このボードが活きる高速粋でのライディングが可能になれば、他に乗れないボードはありません。FLYING Vはハイスペックなキャンバーよりも、よりプレイフルな乗り心地が特徴です。毎シーズンのアップデートにも注目。


BURTON CUSTOM

BURTON CUSTOM

¥ 82.000+TAX
BURTONが誇る名作CUSTOMは今季も健在です。耐久性、汎用性はトップクラス。万能が故に、その性能をどう引き出すかが鍵となります。CUSTOMとHOME TOWN HERO、類似モデルの分岐点はジャンプを重視するか、パウダーを重視するか。


LIB TECH JAIMIE SHORT WIDE

LIB TECH JAIMIE SHORT WIDE

¥88.000+TAX
ショート・ファットではなく、ショート・ワイド。前作のLOST x JAIMIEのコラボレーションモデルよりもウェストを細く、レングスは長く調整されています。ショートレングスが苦手な方でも、そのイメージを覆す自然な乗り心地、このバランスの良さはMOJANE激PUSHボード認定です!LIB TECHは熱狂的なファンが乗るもの、というイメージがありますが、独自のボードづくりには定評があります。ショート・ファットボードを探している方に知っていただきたいモデルです。


GNU HYPER KYARVE

GNU HYPER KYARVE

¥82.000+TAX
ニコラス・ミューラーが好きならチェックしておきたい若手、ブレイク・ポール(BLAKE PAUL)のシグネイチャーモデルです。オールマウンテンフリースタイル・ディレクショナルシェイプのダブルキャンバー。ツインチップだけがフリースタイルボードでは無いことを示すようなブレイク・ポールの滑りにリンクするボードです。今後メジャーモデルになっていくと注目しています。


FJELL MT1230

FJELL MT1230

¥84.000+TAX
ノルウェー発のスノーボードブランドFJELLは、日本でMOJANEのみの取り扱いです。MT1230はトゥルーツインチップのCAMROCK(足元はキャンバー、両足からノーズ、テールにかけてロッカー)、153,159の2サイズです。エコロジカルなブランド精神とナチュラルな乗り心地で、MOJANEユーザーを大いに楽しませているフリースタイルボードです。


FJELL MT1542

FJELL MT1542

¥94.000+TAX
僕のお気に入りはビッグマウンテン仕様のディレクショナルボードMT1542。160ワンサイズです。大きめアウトラインでも、身長170cm以上なら問題ナシ。見た目は”THE POW BOARD”ですが、オープンバーンを直進的に進むだけでなく、ゲレンデを縦横無尽に遊べます。BURTON HOME TOWN HERO、GNU HYPER KYARVEと類似カテゴリとなるフリースタイルボードです。


FJELL Mt1365W

FJELL Mt1365W

¥94.000+TAX
Andreass Wilg氏がスノーボードの本質を楽しむ為に開発したモデル。168cmとは思えない軽さと浮力は、リラックスしたライディングを求める方にぴったりです。心地よい良いフレックスから生まれるスタビリティー、ハイスピードでも安定したターン性能、爆発力のあるスプレーが楽しめます。


CAPITA MERCURY

CAPITA MERCURY

¥83.000+TAX
今季も抜群の存在感。ツインチップのオールマウンテン・フリースタイルボードがほぼ消滅する中、ディレクショナルでありながら、唯一ツインに近いフィーリングを保ったボードです。スイッチでもガンガン滑るスノーボーダーにお勧めします。


CAPITA THE OUTSIDER

CAPITA THE OUTSIDER

¥70.000+TAX
20-21シーズン、MOJANEがピックアップしたパークボード。耐久力があり、フレックスも扱いやすく、スナップも効く。軽量でオーリーも跳ね、オーリーのポイントが掴みやすいベンドなので、パークでのライディングスキルを上げたい人におすすめです。パークボードらしからぬカービング力も魅力。


BURTON STORYBOARD

BURTON STORYBOARD-WOMEN’S

¥ 76,000 +TAX
BURTONウィメンズ最高峰のフリーライディングモデル。カービングとパウダーを両立し、タイトなツリーランでも活躍します。キロロや国際、ニセコやルスツといった長距離を滑る女性から支持されているボードです。


COMMENT

メールアドレスは非公開です。

  1. いつも楽しく記事を拝見させて頂いております。
    先日はnow bindingsの記事の際にも丁寧なご回答ありがとうございました。

    こちらの記事でfjell というブランドを初めて知り、中でもFJELL Mt1365Wの紹介文にとても惹かれました。

    現在は仕事の関係上道外に居住しており感染症の状況を見ながらにはなりますが、2月に滑りに行く際は是非実物を見させて頂きたいなと思っております。

    当方身長が174cm、体重68kgであり、スタイルとしてはフリーライドで地形やツリーを楽しむと言った感じで、ジブやグラトリ、パークやキッカー等のトリック系は出来ません。
    シーズン通してゲレンデ5、サイド&ツリー4、BC1くらいの割合で最近はなんちゃってカービングの練習中と言った具合です。

    fjell ブランドの中でオススメなモデル等ありましたら予習も兼ねて色々調べてみたいと思いますので、教えて頂けましたら幸いです。

    • こつぶ さん
      いつもご覧いただきありがとうございます。
      FJELLは日本ではまだ知られていませんが、当店が信頼を置くスノーボードブランドです。

      MT1365は、今シーズンに152と157をリリースします。特に157には大きな期待を寄せています(クリスマス頃には店頭に並ぶ予定です)。
      ブログでご覧頂いた通り、FJELLは自然なフィーリングを大切にしたボードづくりが特徴です。高品質なウッドコアの反応は、ボードが体の一部になったような感覚です。

      お書き頂いた情報から、こつぶさんにはMT1543の160, もしくはMT1365の157をおすすめしたいと考えています。是非イメージしてみてください。

      ご来店、心よりお待ちしております。

  2. いつも参考になる記事ありがとうございます。
    senseiかカスタムXを購入したいのですが、カービング重視ならどちらがオススメでしょうか?

    • k 様
      ご覧いただき、ありがとうございます。
      SENSEI,CUSTOM X,どちらも本格的なカービングに適したモデルです。その上で、カービングの種類によってお選びいただくと良いかと思います。
      当店のブログに度々登場する田中岳宏さんのように、テクニカルの技術戦に挑むような方、カービングに絞ったボード選びであれば、CUSTOM Xを。フリーランの中で楽しくカービングがしたい、クラシカルなルックスも重視したいという方ならSENSEIを。と、僕は考えております。参考になれば幸いです。

      • MOJANEさま

        いつもご丁寧な返信ありがとうございます。

        今シーズンは1365のサイズの追加もあるのですね、教えて頂きありがとうございます。
        またHYPER KYARVEに関しては以前別のショップでも勧められたことがあるので頂いたご返信からも1542も候補になり得るなと感じた次第です。

        ブランドフィロソフィーがとても魅力的なのは個人的にとても重要で、自分が何を大事にしながら楽しんでいきたいかということをとても考えさせられるなと感じました。

        お店に並んでからお伺いできるまで1月半程空いてしまうので在庫状況等気にはなってはしまいますが、それまで自分なりにレビューやインプレ等探しながら直接お話伺えるのを楽しみにしています。

        色々とご丁寧にありがとうございました。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー