REVIEWバートンビンディング田中岳宏2020-2021ステップオン

STEP ON X|ついに登場、STEP ONのハイスペックモデル

BURTON 2021-2021 STEP ON X

誰にでもメリットがある「X」

2020-2021シーズン、STEP ONビンディングに「STEP ON X」が加わりました。デビューから4年目で投じられたハイスペックモデルです。

CUSTOM-X、GENESIS-X、X-BASE、SL-X。これまでのBURTONで「X」と名が付くモデルは、コンペティターやライドフィールにこだわる愛好家に向けたハイスペックの証でした。ですが、STEP ON Xは技術レベルで対象が絞られることはありません。

ハイスペックならではの軽さとレスポンスの良さが、STEP ON Xでは扱いやすい形で表れているので、初中級者のターン上達のきっかけとなりそうです。また、上級者にとってはターンのフィーリング、ボードとの一体感が味わえます。

BURTON 20-21 STEP ON X
STEP ON X ¥57.000+TAX

無いはずのストラップを感じる!?

STEP ON Xは、カーボンブレンド素材によって軽量かつ高反発に仕上げられた、いかにもBURTONらしいモデルです。

実際に使って印象的だったのは、通常のSTEP ONよりもストラップに近い感覚が得られたこと。「硬さ」というよりは、「軽さと反応の良さ」が際立ち、癖は一切ありません。それでいてストラップの様なフィーリングを持ち合わせているという不思議な使い心地…。STEP ONは着実に進化しています。

STEP ON Xの為のギア選び

BURTON 20-21 STEP ON X

ブーツはミドルフレックスでも◎

一般的に、ハイスペックモデルのビンディングには硬めのブーツを合わせることが多いですが、STEP ON Xでは硬いブーツを合わせなければバランスが悪いという事はありません。PHOTON STEP ONのようなミドルフレックスのブーツとの相性も非常に良いと感じました。

※PHOTONよりも柔らかいブーツとの相性は試していませんので、もしスワッス等でチェックした方がいたら是非コメントをお寄せください!

テーマが明確なボードと好相性

今季で例を挙げると、STRAIGHT CHUTERやSENSEIは、STEP ON Xとの相性が抜群です。互いに軽く反応が良いので、スピードを出しても恐怖感を感じずにコントロールできると思います。

一方で、CUSTOM-Xの様に、人それぞれの用途に合わせて変化する「余白」を持ったボードとの相性に関しては、問題こそ無いものの、ボードの真髄までを引き出せのるか疑問が残ります。乗り味を掘り下げていくボードではなく、1本目のインパクトで楽しめるボードにフィットするのではないかと思います。

STEP ON Xはどこまでハードに使えるか

BURTON 20-21 STEP ON X|田中岳宏

これまでのXシリーズは、上級者のテクニックやパワーを更に引き出してくれるような顔ぶれでしたが、「誰でも簡単に楽しめる」というテーマで登場したSTEP ONに、果たしてXは必要だったのでしょうか?また、これまでのXユーザーをどこまで満足させてくれるのでしょうか。

田中岳宏さんに聞くSTEP ON X

MOJANEインストラクターの田中岳宏さんは、今季よりスノーボードレッスンだけでなく、テクニカルの技術戦にもSTEP ON Xで挑みます。田中さんは、雪面スレスレまで身体を倒す深いカービングの為に、オリジナルの「ひと手間」をかけていました。

BURTON 20-21 STEP ON X|田中岳宏
STEP ON X x ION STEP ON|田中岳宏
どの様なカスタムを行いましたか?

デフォルトではフォワードリーンが足りなかったので、ヒールカップとハイバックを埋めるアイテムを自作しました。また、激しいライディングでトゥクリートの消耗が激しいので、自作のフッドベッド(サーフィン用のトラクションパッド)で隙間を埋めています。遊びを無くす事で、エッジtoエッジの動きも格段にレスポンスが上がりました。

STEP ON X|田中カスタム①
カスタム①フットベッド
STEP ON X|田中カスタム②
カスタム②フォワードリーンパーツ
テクニカル戦でも使えそう?

自作パーツでカスタムしたので、求めているレベルで使えるギアになりました。フォワードリーンもしっかり入っていい感触になり、テクニカルでも十分使えています。

ストラップバインとの違い

ターンでは、フロントなら足首、ヒールならつま先に体重がかかります。ストラップとの違いは面で支えるか、点で支えるか。これは、アルペン経験者なら理解しやすい。アルペンは2点で支え、ステップオンは3点。だから、STEP ONの方が良いよね、っていう感じです。

STEP ON X × IONの組み合わせ

これまで、ストラップバイン(X BASE)にDRIVER Xを合わせてきたので、IONは柔らかく感じます。それでも、STEP ONブーツの中では一番硬いんですよね。IONはインナーがとても良いです。

インストラクターとしての活用法

レッスン中は危険回避の為、基本的にお手本を見せたらボードを外して生徒さんを待ちます。着脱回数が多くなるので、STEP ONは便利です。僕以外にもステップオンでレッスンを行っているインストラクターは既に何人もいるし、今後も増えていくと思います。

一般ユーザーにSTEP ON Xは必要か

硬いけど、柔らかい。レスポンスが良くなるから、X BASEのような感じなのかな。初中級者は板を柔らかくしてあげると良いのかもしれない。興味を持っているなら失敗は無いので使ってみて欲しいです。

今後のSTEP ONに求めること

デメリットはパウダーコンディションでの装着です。腿~腰パウダーでは、本当に装着し難い(フォワードリーンを入れていると尚更)。ただ、1段階でもロックがかかれば外れることは無いです。今後の発展としては、フットベットやフォワードリーンのビスを長くしたりすることで、調整ができるようになれば良いなと思います。

moroのSTEP ON Xレビュー

BURTON 20-21 STEP ON X|moro
STEP ON X x PHOTON STEP ON x STRAIGHT CHUTER 159|moro

色々なボードに乗せて楽しんでいます。STRAIGHT CHUTERは、ミステリーシリーズを除くと今季一番軽いセットアップです。ボードも軽い、ビンディングも軽い、そして反応が速い。パウダーを蹴散らすようなボードと、反応の良いSTEP ON Xが一体感を生み出します。

SENSEI170とSTEP ON Xは、純粋にターンが楽める組み合わせです。ターン性能を更に引き出しててくれるような感覚!圧雪が綺麗な時はいつでもこのボードを出したいと狙っています。

SENSEI170には、他にもBURTON CARTEL-X ESTを載せましたが、僕はSTEP ON Xの方が楽しめました。STEP ONらしいレスポンスの良さに、ストラップバインディングの様な感覚がプラスされまています。そして何より、小規模なゲレンデをストレスなく回せるスピード感は、本当に便利。限られた時間で遊ぶには最高のツールです。

来季はSLX STEP ONがリリースされることを願っています。

COMMENT

メールアドレスは非公開です。

  1. STEPON ESTを待ち望んでいるのですが、都市伝説レベルでも発売の噂はありますか?

    • #ミゾタ さん
      STEP ON ESTは、本国のMINE77コレクション内で一時販売されていましたが、未だ日本でのリリースの情報は届いていません。
      実際にSTEP ON ESTを使用した方によると、REFLEXよりもビンディングがたわむ為、カチカチ音が気になるほど大きかったとか。
      先程アップしたBURTON21-22ニューモデル速報でも触れていますが、来季はカチカチ音が改善されたトゥフック2.0にアップデートされます。それによってEST版の音も改善されていれば、いよいよ上陸となるのではないかと予想しています。もしも販売されれば、過去最高のフィーリングとなるはずです。

BLOG CATEGORY記事カテゴリー